お問い合わせホットライン+86 0752-5303365
  • ビデオセンター
  • 連絡方式
  • ホーム > ニュース > 細部News

    労働力不足を対応するために中国の製造業は自動化にするのが趨勢です
    Time: 2012-06-07

           中国の工業界において、自動化からマイクロチップまでの製造における機械化の比率はますます高くなっています。中国ではデジタルコントロールを採用した工場は28%もあり、これは自動化の指標の一つです。然し、日本では83%の工場でデジタルコントロールが実現しており、それに比べて随分遅れているといわざるを得ません。中国の自動化への進行は日本に比べずっと早い速度で進行しています。過去、安価な労働コストが中国の製造業の発展の大きな原動力であったが、現在の労働コストは以前に比べ高くなり、過去のような安価なものではなくなりました。去年、都市部と村部の民間企業の労働コストはインフレ部分を調整して12.3%も上がり、それと同時に企業は徐々に雇用問題に直面せざるを得なくなりました。      
            原材料価格と労働コストの両方ともに上がり、殆どの企業にとっては、生きる為には生産力をアップする以外に方法がなくなってしまったのですこれを実施する最善の方法としてはもっと機械設備を増強させることです。また、自動化は製品品質をアップさせる手段でもあります。動作業で生産したエンジンは自動化設備で生産したものと比べると品質もCOSTも遠く及びません。品質と製品の質の安定は企業が自動化にする、特にハイテックに変える大きな動機となります。
            全世界の中で他国との競争をして行くためには、ある程度の技術レベルに到達し、尚、且つ顧客の信用を得て行くことが必須であります。従って、自動化は製品の品質を上げる為の不可欠な手段と言いかえることが出来ます。
                                                          【 摘自南方都市报  】

     

     
    012-2013 www.sankyo-hz.com All Rights Reserved.